よりインテリジェントで統一された新しいオンコロジーソリューションが、これまで以上に重要となってきました。 がんの脅威に負けない世界を実現するため、私たちは Siemens Healthineers と連携して、すべてのケアを結びつけることに取り組んでいます。 Intelligent Cancer Care を通じて、私たちはその実現を目指します。 私たちは、統合と連携に基づくケアパスを通じてオンコロジーの未来を形作ろうとしています。このケアパスは、治療効率を高め、一連のがんケア全体で世界レベルの治療を提供し、最も重要な存在である患者さまへの影響を強めることを目的としています。

Intelligent Cancer Care に対する当社のアプローチを拡大

 

治療パスの高速化

効果的な治療を受けるのに、患者さまにとって待つという選択肢はありません。

患者さまに即日治療の選択肢を提供できるよう、私たちは Siemens Healthineers と連携して、画像診断、治療、デジタルソリューションの迅速な提供に向けて取り組んでいます。 完全に統合されたケアソリューションにより、私たちはがん医療の定義の見直しを進めています。

 

データ主導の意思決定によるエコシステム

がんとの闘いにおいて、 Intelligent Cancer Care を採用するのは賢明な方法です。

私たちは、ロジックと AI を活用して、ワークフローの簡素化に役立つ包括的なオンコロジーエコシステムを構築しています。 つまり、がんとの闘いにおいて、臨床チームがよりスマートに活動できるよう日々サポートしています。

 

それぞれの患者さまに合わせたケア

がん患者さまは一人ひとり異なります。 従って、治療も異なるべきです。

私たちは Siemens Healthineers と連携して、がん治療のあらゆる段階でそれぞれの患者さまに合わせたケアを提供することで、患者さまのアウトカム向上を目指しています。

 

先進的ケアへのアクセス

がん患者さまがどこに住んでいても、質の高い治療計画、臨床専門知識、実証された高度な技術に直接アクセスできるような世界を、私たちは思い描いています。

私たちは、Intelligent Cancer Care を通じて現在利用できるすべてのツールを活用し、次世代ソリューションの革新に取り組み、根拠に基づく効率的なケアを世界各地に届けることを目指しています。

インテリジェンスを重要視する理由

今後 20 年間で新たにがんと診断される患者さまは、67% 程度増加するものと予想されています。 さらに驚くべきことに、これらの患者さまのうちケアを受けられるのは、約半数だけと言われています。 また、世界中で必要とされるケアを提供するには、2035 年までにさらに 15 万人の熟練の臨床医が必要とされており、がん医療の提供と需要におけるギャップは拡大しています。

医療の提供は、あらゆる国の患者さまと医療提供者に影響を与える普遍的な課題であり、先進的で、よりインテリジェントな新しいがん医療が、これまで以上に重要となっています。 がん医療を効率化し、包括的に統合化し、そしてアクセスしやすくすること、つまり人と技術とデータを連携させることで、患者さまと医療従事者、がん医療に携わる方々をつなぎます。

私たちは Siemens Healthineers と連携して、高度なスクリーニングから、診断、最高水準の画像診断、治療、フォローアップケアに至る、最も包括的なポートフォリオを構築し、がん医療の一連の流れに対応していきます。 Intelligent Cancer Care は、がんとの闘いに常に必要なものであり、これによって、A world without fear of cancer(がんの脅威に負けない世界)というビジョンを実現したいと考えています。

 

インテリジェントな情報

Varian の強み​

当社は、Intelligent Cancer Care における私たちの発展を継続的に広げることにより、医療従事者の方々と患者さまががんと闘うために必要なものを提供できるように追い求めていきます。 インテリジェントな製品とサービスの幅広いポートフォリオを構築する当社の取り組みは、世界中のがんと闘う人々が直面している最大の課題の解決を支援することを目指しています。

Varian について

当社は 70 年以上にわたり、医療従事者の方々ががんと闘うための、よりシンプルで統合化された、よりインテリジェントな方法の開発に取り組んできました。 当社は、常にがん患者を中心に置いて考えるという戦略を通じて集学的ながん医療ソリューションを開発・提供する、放射線治療分野の世界的リーディングカンパニーです。

Varian で働く

当社は約 70 か国におよそ 10,000 人の社員を擁し、革新的なアイディアを持つ人々が連携することで、世界中のがんとの闘いのために団結し、がんとの闘いに打ち勝つために日々取り組んでいます。 当社の Intelligent Cancer Care の方向性に賛同し、一緒に働きませんか?

*出典:Expanding global access to radiotherapy. Lancet Oncol. Vol 16, Sept.2015 UICC: The economics of cancer prevention and control. Data Digest 2014. Survival Data: (1) National Cancer Institute’s SEER*Stat 8.3.4 databases, (2) Genomic Health Clinical Validation Trials, (3) Roche IM passion 130 trial, (4) Annals of Surgical Oncology HIPEC RCT, (5) Merck KEYNOTE-024 trial, (6) SillaJen JX-594 Phase 2 data, (7) AAAP Lutathera Phase 3 data; Quality of Life Data: (8) Analyzed from the University of Washington’s Institute for Health Metrics and Evaluation Global Burden of Disease database; Drivers of Change: (9) Aravanis AM, et al. Cell. 2017; 168(4):571–574., (10) Varian proprietary analyses, (11) Frampton, Garrett M., et al. Nature Biotechnology 31.11 (2013): 1023-1031., (12) Tewari, Ashutosh, et al. European Urology 62.1 (2012): 1-15., (13) Bernstein, Michael B., et al. Nature Reviews Clinical Oncology 13.8 (2016): 516-524., (14) Davila, Marco L., et al. Science Translational Medicine 6.224 (2014): 224ra25-224ra25.