日本
APAC
Japan | Japanese
虛擬
-
本コースの目的は、TrueBeamプラットフォームでサポートされている様々なオプションや機能を探求することにより、TrueBeamの治療とイメージングオペレーションに関する診療放射線技師の方の知識を深めることです。トピックには高度なイメージングモダリティが含まれています。例えば、複雑な照射やイメージング技術など、チームが実施を計画している様々な臨床のオペレーションをご説明いたします。また、本コースにはHyperArc™、CBCT、オートビームホールド、トリガーイメージング、オンデマンドイメージングが含まれています。