患者中心主義

がんとの闘いは一人ひとりで異なります。Varian はそれぞれの患者さんに必要な情報の提供に力を注いでいます。

人にやさしいデザイン

Varian の製品は「人にやさしい製品」であることを重視してデザインされています。よりよい患者体験を提供するために治療システムの静謐性と速さの改善に取り組むときも、また、治療提供者が患者に集中できるようにインターフェースの単純化に取り組むときも、当社は、当社が奉仕する人を思考の中心に置きます。当社が奉仕する人とは、これらのシステムを使うであろう臨床チームであり、また、安全で効果的な治療を受けるために臨床チームと彼らの技術を頼りにする患者です。

生活の質(QOL)

がん治療には、患者が負担する物理的・心情的なコストが伴います。Varian はこうした負担を真摯に考え、高精度でより忍容性の高い治療を可能にすることで負担を最小限に抑えるべく、鋭意努力しています。当社としては、生存率を高めるだけでは満足できません。治療の望ましくない影響を最小限に抑え、生存者の治療後における生活の質ができるだけよくなるように、当社はさまざなイノベーションをつくっていきます。

安全性

Varian の安全基準には患者の幸福に対する Varian の関心の高さが反映されています。患者の安全こそ、製品のライフサイクル―設計・開発から市場投入後のサーベイランスに至るまでの全ライフサイクル―を通じた大きな目標のひとつです。当社のシステムには、高度な安全向上策が組み込まれています。それらの安全向上策は、患者 ID の確認に始まり、多数のステップからなる治療プロセスを通じて流れるデータの継続的な一貫性・整合性チェックまで、広範囲に及びます。