インスピレーションを刺激し、イノベーションを加速し、患者ケアを促進するために設計され、世界中の思想的指導者間で新しいアイデアを共有するためのプログラム。

 

 


 

再生ボタン付きモニター

オンデマンド ウェブセミナー

いつでも過去のウェブセミナーをストリーミングし、Q&A セッションから学ぶことができます。

Combining Immunotherapy with Stereotactic Radiotherapy: A Paradigm Shift? (まもなくリプレイできます)

New Hope for Oligometastatic Patients with SABR: Implications of the SABR-COMET Study(2020 年 12 月 8 日からのリプレイ)

近年、脳内の複数の転移を定位手術的照射(SRS)で治療できるというエビデンスが増えています。 またそのエビデンスは、定位体幹部放射線治療(SABR)を使用して、片肺、脊椎、またはその他の頭蓋外の転移を、永続的な結果を伴って治療できることも示しています。 しかし、脳外の複数の転移についてはどうでしょうか? 通常このような患者には、最近まで化学療法などの緩和治療が提供されていました。

Multidisciplinary Cancer Care: What Does the Future Hold? (2020 年 11 月 11 日からのリプレイ)

がん診断の内容は患者ごとに異なるため、有効な“万能的”治療法は実際には存在しません。 最近発表された長期的な研究調査* は、集学的連携によって診断、治療、生存率が変わることを示しています。 この研究調査によれば、がん患者が必要とする複雑な治療を提供する最善の方法は集学的アプローチです。しかし、これは組織と文化の変容を必要とし、組織内のチームワークを改善できる有能なヘルスマネージャーによって統率されなければなりません。

A Perspective on the Future of Embolization(2020 年 8 月 25 日からのリプレイ)

このプレゼンテーションは、新しい塞栓術の実現の可能性を示唆する初期データを含み、研究の現状理解を助けることを意図しています。

Cancer Didn't Stop for COVID-19. Neither Can We. (2020 年 7 月 30 日からのリプレイ)

2020 年 5 月 Lancet 誌の Editorial で、「COVID-19 のパンデミックにより、がんの治療は優先順位を下げられたり、遅延が生じたり、一部の地域では継続できないということが生じた。 患者は緊急時以外のすべてにおいて治療中断の危機に直面している。」という重大な問題が発表されました。

The Oncology Scenario Post COVID-19(2020 年 7 月 22 日からのリプレイ)

臨床機関、政府機関、および患者支援団体からの参加者によって構成されるこの円卓会議は、COVID-19 後のオンコロジーの課題と、がん患者に対する COVID-19 パンデミックの影響を軽減する対策を取り上げます。 注記:このウェブセミナーはポルトガル語で行われました。

Pandemics, Hurricanes, Earthquakes: How Can We Plan for Emergencies More Effectively? (2020 年 6 月 3 日からのリプレイ)

災害は起きます。 問題は、起きるかどうかではなく、いつ起きるかです。 緊急事態の確実な予測はできませんが、しっかり想定しておくことはできます。 この円卓会議では、大災害の発生現地で活動したことのある医療と医学の著名なリーダーたちが、それぞれ学んだことを報告し合うとともに、以前と較べて現在はどのようにしているか、また、自分の組織が患者ケアをしっかり続けられるようにするための戦略、あるいは活動が止まってしまった場合に早く再開できるようにするための戦略などについて話し合います。

Leading Through Crisis--Practical Advice for Leaders in Healthcare and Medicine(2020 年 5 月 19 日からのリプレイ)

退役大将の Stan McChrystal 将軍と、ヴァンダービルト大学医療センターの所長兼 CEO である Jeffrey Balser 博士に、以下のことについて話を聞きます。

  • リーダーシップの考え方
  • 危機下での成功達成
  • 意思決定とリスク管理
  • 自信に満ちた強靭なチームを構築し、モチベーションを持たせるための戦略

Changing RT Practice Patterns in a COVID-19 World: An Interactive Roundtable(2020 年 4 月 30 日からのリプレイ)

世界中の放射線オンコロジーセンターにおけるがん患者の治療は、COVID-19 パンデミックによって大きな打撃を受けました。 それにもかかわらず、放射線オンコロジストとそのチームは、困難な状況下でもがん患者を支え続けるための新しい創造的な方法を見つけました。 COVID-19 は、私たちのものの考え方に大きな影響を与えています。その結果いわゆる“ニューノーマル”が定着することでしょう。このウェブセミナーは、小規模コミュニティの治療施設から大都市の施設や学術機関にいたる、放射線オンコロジーの領域全体から注目すべき人々の発言を取り上げました。

COVID-19: Serving Patients While Coping with Stress and Burn-Out: An Interactive Virtual Roundtable(2020 年 4 月 16 日からのリプレイ)

インターベンショナル ラジオロジー(画像診断的介入治療)の専門家のためのこのウェブセミナーは、COVID-19 危機によって押し付けられたさまざまな条件に適応すべくチームと協働してきた臨床リーダーたちを取り上げました。 また、PTSD のような遅延反応を避けるためには危機下でどう対応すればよいかについて、メンタルヘルスの専門家に聞きました。


記事アイコン

記事とブログ

がん治療のタイムリーなトピックをカバーするわかりやすい記事などが読めます。

 

Dow Wilson(Varian CEO)による Driving to Expand Access to Cancer Care
2020 年 2 月 25 日 LinkedIn に掲載