• 1

    大規模な処理容量

    1 台の Mobius サーバーが最大 10 台のリニアックと 20,000 人の患者を処理できます。

  • 2

    包括的な QA

    Mobius3D プラットフォームは 6 層のエラー検出機能を備えています。

  • 3

    3D 治療計画の QA

    患者 CT への3 次元線量分布の自動再計算機能により、ターゲット線量、DVH リミット、3D ガンマ、照射可能性に問題が検出されると、アラートが表示されます。

  • 4

    IMRT/VMAT および日常治療の QA

    MobiusFX はマシンログファイルを自動的に収集し、患者の 3 次元照射線量を検証します。

  • 5

    CBCT の QA

    MobiusCB は自動的に CBCT/レジストレーション画像を取得し、患者の位置決め情報を表示します。

 

総合的な統合を実現

プラットフォームには、すべての治療 計画、照射、CBCT の QA 用モジュールが含まれています。

 

効率的なワークフロー

測定値が治療中に生成され、外部のハードウェアを使用することなく、自動的に解析されます。

 

操作性

Mobius3D は、すべての治療計画を DICOM-RT を介して受信し、直感的なウェブインターフェース を利用して結果を生成します。

MobiusCalc

3D 治療計画 QA

治療計画を MobiusCalc にエクスポートするだけで、独立検証されたビームモデルと GPU 加速型 collapsed-cone 線量アルゴリズムを使用して、患者 CT 上に 3 次元線量分布の再計算が自動的に行われます。ターゲット線量、DVH リミット、3D ガンマ、照射可能性という 4 つの検証ポイントで問題が検出されると、数分以内に警告の電子メールがユーザーに送信されます。

ターゲット範囲

MobiusCalc は自動的にターゲット構造を識別し、その平均線量と範囲が TPS 線量と一致することを確認します。ユーザーはターゲット目標を組み込んだり、オートマチック・ストレー・ボクセル・チェック で輪郭エラーを分離することもできます。

DVH リミット

MobiusCalc は RTOG のコンベンショナルな線量分割 および TG-101 SRS/SBRT のプロトコルがあらかじめ組み込まれた状態で出荷され、構造名に基づいて該当する DVH リミットを各治療計画に自動的に割り当てます。ユーザーは、施設固有のプロトコルまたは医師固有のプロトコルに応じて MobiusCalc の DVH リミットをカスタマイズし、TPS 線量と MobiusCalc 線量の両方が該当するすべての制約を満たしていることを確認することもできます。

3D ガンマ

MobiusCalc は、TPS 線量と Mobius 線量の間のグローバル 3D ガンマ比較を患者の CT に表示します。ユーザーは、横断面、冠状面、矢状面におけるガンマと等線量の違いをアイソセンタで表示したり、3D スライスビューアを使用して患者の CT 全体をスクロールし、差異を評価することができます。

照射可能性

MobiusCalc は、線量を確認するほか、計画が装置照射パラメータの範囲内に収まっており、十分なガントリ間隔が確保できることを確認するために各計画の仮想照射も行います。

MobiusFX

3D IMRT/VMAT QA と日常治療 QA

MobiusFX は、装置で測定されたログファイルを介して個々の照射の測定値を自動的にキャプチャし、それらの測定値から照射フルエンスの分布を割り出し、GPU 加速型 collapsed-cone 線量アルゴリズムを使用して患者の 3D 照射線量を解明します。

3D 結果

MobiusFX は、同一条件の 3D 比較で、MobiusFX の照射線量を元の TPS 線量と自動的に比較します。ターゲット範囲、DVH リミット、3D ガンマなどの 3D 比較メトリクスは、特に臨床的に関連するエラーを特定します。

装置の評価

MobiusFX はすべての可動照射部品の二乗平均平方根誤差解析を行い、ユーザーのために装置の性能エラーを分離します。

エンドツーエンドのデータ転送チェック

MobiusFX は、装置の開始位置と TPS 計画のずれをチェックし、計画データの転送が完全かつ正確であることを確認します。データ転送が不完全な場合、またはビーム照射パラメータが何らかの形で変更されている場合、MobiusFX は直ちにそれらの不一致をユーザーに通知して警告します。

3D 日常治療 QA

MobiusFX は、バックグラウンドで動作して、すべての患者のすべての治療分割を確認します。毎日のチェックは自動的に患者の治療概要に関連付けられ、装置の性能エラーやデータ転送エラーが検出されると、ユーザーは直ちに電子メールアラートを受信します。

統合されたゴールドスタンダードの検証

MVP ファントムは、MobiusFX にシームレスに統合され、ユーザーの裁量により外部の絶対線量の検証機能を提供します。 この水等価ファントムは 7 つのチェンバ位置と 1 つのフィルム面を備えています。MVP CT が Mobius3D プラットフォームに統合されているため、追加の測定を行いたい場合にユーザーがファントムを CT スキャンしたりファントム QA 計画を作成したりする必要はありません。ユーザーが行う必要があるのは、MobiusFX ログファイル線量がゴールドスタンダードと一致することを確認するために絶対線量測定値を物理的に取得することだけです。

MobiusCB

患者 CBCT QA

患者の CBCT とレジストレーションが技師によって保存されると、MobiusCB は R&V DICOM のクエリ/取得を介して CBCT/レジストレーションを自動的に取得し、計画 CT と CBCT の間の定量的比較を実行して、CBCT における計画線量を計算します。

位置決めエラー検出

MobiusCB は、患者の位置決めの大誤差と患者の部位の大幅な変化を強調するように設計された密度ガンマ比較機能を利用して CBCT と計画 CT のずれをチェックします。密度ガンマの結果は、ユーザーが患者の変化を視覚化できるようにすると同時に、評価のための定量的メトリックも提供します。

付加的な患者の位置変化

Mobius 3D の自動レジストレーションモジュールは、最終的な患者設定に付加的な位置変化を適用するとガンマ通過率が増加すると判断しました。すべての方向は、あなたが治療台の足側に立っていてガントリを見ていると想定したときの方向です。治療の前に必ず患者の位置変化を確認してください。