• 1

    包括的な患者情報管理

    放射線腫瘍学(陽子線治療を含む)に対応しており、臨床画像、処方、QA、アウトカムなどのレビューが可能です。また、ICD コードを用いた病名管理、UICC のガイドラインに基づくがんの病期の自動分類や有害事象の登録を支援します。

  • 2

    シームレスな連携

    相互運用性に重点を置いているため、治療装置や他の情報システム間で患者データを最大限に活用することができます。HL7 と DICOM を利用して、院内あるいは病院間での患者データの転送や参照に柔軟に対応することができます。

  • 3

    患者データへの迅速なアクセス

    患者データへの迅速なアクセスに配慮したユーザーインターフェースにより、治療計画、処方の追加、変更等の作業について、より迅速かつ柔軟に対応が可能です。また、Visual Care Path 機能の搭載により、視覚的に放射線治療業務の把握が可能になり、効率的な管理・運用を支援します。

  • 4

    画像の統合管理

    治療計画用の画像、放射線治療システムで取得された IGRT 画像(MV、kV、コーンビーム CT 等)をデータベース化し統合管理を行い、適切な画像誘導放射線治療の実施を支援します。

  • 5

    治療進捗の確認

    ウェブベースのアプリケーションを用いて、放射線腫瘍医ではない医療従事者が、医療施設の HIS または EMR システム内で、ARIA® OIS 端末を使用せずに放射線治療の進捗状況を確認することができます。

ARIA はワークフローの効率化とスループットの向上を支援

放射線治療計画のレビュー機能

当社治療計画用ソフトウェア Eclipse™と統合することにより、相互におけるデータの送受信を不要とし、迅速に治療に必要な情報にアクセスが可能です。Eclipse では、ARIA にて入力した治療方針や処方の情報を直接参照することが可能であり、作成された治療計画データに基づき、ARIA では照射に必要なデータの追加等による、治療の準備を行うことが可能です。

画像のレビュー機能

ARIA端末で画像のレビューを行いセットアップの指示を治療装置へ送信する機能、IMRTのQA用の線量画像をチェックをする機能を有します。また、MV、kV、治療計画用CT、コーンビームCT、MR、PETなどのマルチモダリティ画像に対応しており、自動、手動または基準マーカーマッチングアルゴリズムを使用して画像を比較、評価することが可能です。

健康状態の評価

放射線治療の期間中に限定せず、治療後の患者さまの健康状態の遷移を確認・管理することが可能です。 システムレビュー(RoS)や問診の内容、また身体検査(PE)の結果を医療機関の運用等に合わせてカスタマイズ可能な入力フォームを提供します。

RT カルテ監査機能

安全性と管理性の向上を支援する「患者カルテレビュー機能」により、計画変更や治療処方の更新をすばやく把握することが可能です。また、日付スタンプと電子署名が入った信頼性の高い監査証跡を作成できます。

文書の一元管理

ARIA 以外のシステムで生成される監査証跡、画像、追加ファイル、患者写真などのファイルを取り込み、ARIA 内で一元管理します。

スケジュール作成 、管理機能

スタッフ、患者さま、装置等のスケジュールについて、当日や定期的な予約の登録、予定の休止や追加、重複管理が可能です。スケジュールについては、内容に対して色分け、時間枠(タイムスロット)の設定が可能です。

費用の請求

正確な請求処理を支援するために、すべての実施データを記録します。費用請求の出力、請求プロセスの追跡、生産性の分析が可能です。費用請求に対応する HL7 に準拠したインターフェースを有し、対応する医療情報システム、会計システムへデータを送信することが可能です。

情報と画像の転送

ARIA OIS が有する多様な機能は、他の部門(依頼科)や治療チームと患者データや画像の共有化を実現し、治療の安全性の向上、ワークフローの効率化へ貢献します。また、リアルタイムまたはカスタマイズ可能なスケジュールに基づいてデータの更新を行い、HL7 に準拠したインターフェースにより、他のシステム間との送受信を実現します。

データアーカイブ

情報をアーカイブして管理する機能を有します。DICOM 形式または XML 形式を使用して指定されたストレージに保存し、必要に応じて患者情報を更新する機能を有します。

 

患者情報の管理

治療チームが最新情報を把握し、治療に専念できるように、患者情報と画像を保管し、整理します。

 

ワークフローの適正化

治療前、治療中、治療後における患者情報へのシームレスなアクセスを可能にすることで、施設により異なるワークフローにも適切に対応し、効率的かつより安全な治療の実施を支援します。

 

治療計画と治療の最適化

患者さまが適切な治療を受けられるように、治療計画を元に治療の実施データとの比較、評価、および疾病別のプロトコールの作成を支援します。

画像照合用ソフトウェアARIA Offline Review:医療機器認証番号 227ADBZX00084000