ARIA Oncology Information System

放射線治療をメインとして、がん治療に関わる一連の情報を管理する、統合された情報システム。

  • 1

    包括的な患者情報管理

    ARIA は、放射線腫瘍学(陽子線治療を含む)に対応しており、臨床画像、処方、QA、アウトカムなどのレビューが可能です。また、UICC のガイドラインに基づくがんの病期分類の登録を支援します。
  • 2

    シームレスな連携

    相互運用性を重視しており、異なる装置やモダリティにて発生、登録される患者データを最大限に活用できます。病院内あるいは病院間における患者データの参照のために、ARIA は HL7 に準拠したインターフェース、および各種 DICOM を装備することで、柔軟に対応します。
  • 3

    シンプルかつ機能的なユーザー インターフェース

    患者データへの迅速なアクセスに配慮したユーザー インターフェースにより、治療計画、処方の追加、変更等の作業についてより迅速に、かつ柔軟に対応が可能です。
  • 4

    画像の統合管理

    X 線画像、透視画像、コーンビーム CT 画像を統合管理し、画像誘導放射線治療の適切化を支援します。
  • 5

    制定されたコンプライアンスへの支援

    ARIA は、エビデンスに基づく成果の管理、HIPAA (米国における医療保険の相互運用性と説明責任に関する法令)の実施を促進するために、個人の識別データを含めた種々のアクティビティを文書化することが可能です。

患者情報を追跡

ARIA は、治療チームが最新情報を把握し、治療に専念できるように、患者データと画像を保管し、整理します。

施設への適切なワークフローの提供

治療前、治療中、治療後における患者情報へのシームレスなアクセスを可能にすることで、施設により異なるワークフローに適切に対応し、効率の良い安全な治療の進行を支援します。

治療計画と実施の最適化

ARIA は、患者さまが適切な治療を
受けられるように、データの評価と疾病別のプロトコールの作成を支援します。

ONC 認定

ARIA® オンコロジー情報システムは、Complete EHR または ONC Health IT 製品に準拠しており、米国保健福祉省長官が採択した適用可能な認定基準に従って ONC-ACB の認定を受けています。この認定は、アメリカ合衆国保健福祉省による承認を表すものではありません。

認定情報を閲覧する

画像照合用ソフトウェアARIA Offline Review:医療機器認証番号 227ADBZX00084000

Varian が接続をサポートします

Varian のスペシャリストがサービスとサポートについて説明します。

Varian 製品のユーザーで、製品サポートが必要な場合は、カスタマーサポートページをご覧ください。