• 1

    包括的な患者情報管理

    放射線腫瘍学(陽子線治療を含む)に対応しており、臨床画像、処方、QA、アウトカムなどのレビューが可能です。また、ICD コードを用いた病名管理、UICC のガイドラインに基づくがんの病期の自動分類や有害事象の登録を支援します。

  • 2

    シームレスな連携

    相互運用性に重点を置いているため、治療装置や他の情報システム間で患者データを最大限に活用することができます。HL7 と DICOM を利用して、院内あるいは病院間での患者データの転送や参照に柔軟に対応することができます。

  • 3

    患者データへの迅速なアクセス

    患者データへの迅速なアクセスに配慮したユーザーインターフェースにより、治療計画、処方の追加、変更等の作業について、より迅速かつ柔軟に対応が可能です。また、Visual Care Path 機能の搭載により、視覚的に放射線治療業務の把握が可能になり、効率的な管理・運用を支援します。

  • 4

    画像の統合管理

    治療計画用の画像、放射線治療システムで取得された IGRT 画像(MV、kV、コーンビーム CT 等)をデータベース化し統合管理を行い、適切な画像誘導放射線治療の実施を支援します。

  • 5

    治療進捗の確認

    ウェブベースのアプリケーションを用いて、放射線腫瘍医ではない医療従事者が、医療施設の HIS または EMR システム内で、ARIA® OIS 端末を使用せずに放射線治療の進捗状況を確認することができます。

患者情報の管理

治療チームが最新情報を把握し、治療に専念できるように、患者情報と画像を保管し、整理します。

ワークフローの適正化

治療前、治療中、治療後における患者情報へのシームレスなアクセスを可能にすることで、施設により異なるワークフローにも適切に対応し、効率的かつより安全な治療の実施を支援します。

治療計画と治療の最適化

患者さまが適切な治療を受けられるように、治療計画を元に治療の実施データとの比較、評価、および疾病別のプロトコールの作成を支援します。

画像照合用ソフトウェアARIA Offline Review:医療機器認証番号 227ADBZX00084000