• 1

    精度

    陽子線の高線量を腫瘍に直接届けることができ、複雑な形状や大きさの腫瘍にも、より正確に合わせられます。

  • 2

    安全性

    正常組織へのダメージをより低減し、合併症、副作用、2 次がんのリスク軽減に寄与します。

  • 3

    有効性

    陽子線治療が多くのがん治療に用いられ、副作用を低減しながら効果を示す臨床エビデンスが発表されています。

従来の放射線治療では、線量は体表面近くで高まり、その後に腫瘍へ到達します
従来の放射線療法では、線量は体表面近くで高まり、その後に腫瘍へ到達します。
陽子線治療では、線量は腫瘍内で高まり、体表面近くでは最小限で、出口線量がありません
陽子線治療では、線量は腫瘍内で高まり、体表面近くでは最小限で、出口線量がありません。

陽子線は事前に設定した体内深度でエネルギーを放出します。これはブラッグ ピーク(Bragg Peak)と呼ばれるもので、そのため、腫瘍には高線量が届けられ、正常組織への線量は少なくなります。つまり、副作用が起こる可能性は低くなり、長期的な予後の改善と生活の質の向上が期待されます。

米国臨床腫瘍学会(ASCO)によると、陽子線治療は通常、標的位置周辺の正常組織には、従来の放射線治療と比較して およそ 60% 少ない放射線量の一方で、腫瘍には高線量で照射されることが示されています。

有効性

陽子線治療は、多くの特定の適応症に対する治療として確立された治療法で、医師、政府機関、および多くの保険会社に広く認められています。陽子線治療の有効性に関する公表されたデータは豊富にあり、進行中の多数の試験がその臨床的ベネフィットについて継続的に検証しています。

陽子線治療は、長期の副作用および 2 次がんの可能性が低いと言われていることから、特に小児患者に適しているとされています。特定の疾患別の陽子線治療に関する根拠資料については、ACR–ASTRO Practice Parameter for the Performance of Proton Beam Radiation Therapy(陽子線による放射線治療に関する ACR-ASTRO 実践パラメータ)を参照してください。

 

身体イメージ

関連製品

Eclipse

治療計画プロセスの無駄を省き、効率化を追及 ― “患者アウトカム向上”という 治療計画立案者の思いを叶えるために

詳細情報

当社が接続をお手伝いします。

Varian のスペシャリストがサービスとサポートについて説明します。

Varian 製品のユーザーで、製品サポートが必要な場合は、カスタマーサポートページをご覧ください。