BrachyVision

複雑な小線源治療計画の作成を簡素化します。

  • 1

    高いフレキシビリティ

    カスタマイズ可能な計画テンプレートおよび臨床プロトコルで HDR 治療、LDR 治療、PDR に対応します。
  • 2

    画像ベースの計画作成ツール

    フィルムと 3D 画像を利用して治療をガイドします。
  • 3

    TG-43 および TG-186 に準拠

      また、すべての Varian 線源については TG-186 に準拠しています。
  • 4

    包括的なツールセット

    Eclipse のコンツーリング機能、画像レジストレーション機能、計画評価機能を使用して、任意の平面または画像モダリティ上に描画します。
  • 5

    線量合算

    小線源治療計画と外部照射治療計画の線量合算を行います。
  • 6

    ソフトウェアの統合

    ARIA Oncology Information System とシームレスに連携します。

広範囲の治療オプション

最先端の描画ツールを利用して HDR 治療、LDR 治療、PDR 治療計画を作成できます。

効率性とワークフローを改善

BrachyVision を ARIA® および Eclipse™ と統合することで、
治療チーム間の可視性を向上させ、コミュニケーションをより容易にします。

直感的なコントロール

治療に集中できるよう、インターフェイスは使いやすさを重視して設計されています。

 

BrachyVision を以下の Varian ソリューションと統合することでより多くのオプションを提供できます。

ARIA Oncology Information System

放射線腫瘍学をメインとして、がん治療に関わる一連の情報を管理する、統合された情報システム。

詳細情報

放射線治療計画用ソフトウェア Eclipse:医療機器承認番号 22900BZX00265000
バリソース アプリケータⅡ:医療機器承認番号 22500BZX00089000

Varian が接続をサポートします

Varian のスペシャリストがサービスとサポートについて説明します。

Varian 製品のユーザーで、製品サポートが必要な場合は、カスタマーサポートページをご覧ください。