Language Select

PDR(パルス線量率)小線源治療

パルス線量率(PDR)小線源治療は、実施プロセスは HDR と同様ですが、放射線が数時間にわたり短い「パルス」で照射されます。 PDR の背景にある原理としては、生物学的には、カテーテルやアプリケーターに線源を手動で充填する従来の低線量率(LDR)技法に類似しています。 線源は、数時間または数日間挿入されたままになります。 PDR では遠隔制御のアフターローダーを使用するため、放射線の安全性、計画の予測性、線量整形の正確性といった点に優れています。

HDR の技法とは異なり、PDR 治療の実施は入院を前提としたものであり、患者が最大 1 日留まることができる専用の遮蔽治療室を必要とします。 その間、アプリケーターの動きを制御することも、また一つの課題です。 面会者とスタッフが患者と対話できるようにするため、PDR 機器には通常、治療中断機能が備わっています。これを使用することで、看護師、病院スタッフ、面会に訪れた家族が治療室にいる間は、線源をアフターローダーに自動的に戻しておくことができます。

Varian は、BrachyVision™ 小線源治療計画システムやアクセサリを提供し、PDR 技法での治療実施をサポートしています。

イベント

7 月
29
AAPM 2017
Denver, CO
7 月
29
Varian User's Meeting at AAPM 2017
Denver, CO
8 月
15
Congresso Brasileiro de Física Medica
Ribeirao Preto, Brazil