LDR (Low-Dose Rate) Brachytherapy | Varian Medical Systems
Language Select
Varian Logo

LDR (低線量率)小線源治療

LDR(低線量率)小線源治療では、シード線源を永久的に挿入することにより、早期の前立腺がんを治療します。 この技法では、米粒大の放射性「シード」を前立腺内に挿入します。挿入には、超音波によって所定の位置に誘導される針と、間隔を制御しながら針を通すテンプレートまたはグリッドが使用されます。 一回のセッションで、50 から 100 以上の個別のシードを、20 ~ 50 本の針を使用して挿入できます。 放射線は、その後 1 ヶ月、または線源が減衰するまで徐々に前立腺に照射されます。 シードは放射線を放出するにつれて力が弱まり、数週間で放射線の放出量は測定不能なレベルになります。 LDR を使用する最も一般的な治療部位は、前立腺です。前立腺に LDR を使用する場合、前立腺の組織内に非常に小さな放射性シードを永久的に挿入します。

小線源治療を行う際には、放射線量が前立腺全体を十分にカバーしつつ、周囲の正常組織への線量を最小限に抑えるようにシードを挿入する必要があります。 これを達成するために、Varian は、トランス直腸超音波(TRUS)画像を使用して線源を意図した位置へ挿入するための支援となる VariSeed™ LDR 前立腺治療計画システムを開発しました。 このシステムでは、個々のシードが前立腺内に挿入されるとリアルタイムで線量マップを更新する「ダイナミック線量測定」を利用できます。 これにより、医師は、針による前立腺の変形や、針の挿入に関するその他の問題の結果として生じる可能性のあるギャップをリアルタイムで補正することができます。 また、VariSeed は、挿入後のコンピューター断層撮影(CT)画像セットから自動的にシードを検出し、照射の線量分布を確認することもできます。

イベント

10 月
20
10 月
25
XIX Congresso da Sociedade Brasileiro de Radioterapia
Rio de Janeiro, Brazil