Language Select

SRS

手術的照射は、特定のがんに対して最適な治療選択肢となる場合があります。 定位手術的照射(SRS)では、高線量の放射線を照射し、きわめて高い精度で腫瘍を治療します。 SRS は、主に脳や中枢神経(CNS)に発生した腫瘍やその他の疾患に対して用いられる技法です。 SRS を使用することで、腫瘍の輪郭内に放射線量を集中させ、周囲の正常組織への線量を最小限に抑えることができます。 SRS 治療では、高い精度と正確性を備えた高品質な 3D イメージングを使用して、1 回の治療で線量集中性の高い放射線量を照射します。 場合によっては、定位手術的照射を分割照射で実施することもあります。 その場合、定位治療の総線量を、線量を減らした複数回に分割し、数日に分けて 2 回から 5 回の治療を実施するプロセスとなります。

       

イベント

7 月
29
8 月
04
SASMO SASCRO Congress 2017
Johannesburg, South Africa
8 月
15
Congresso Brasileiro de Física Medica
Ribeirao Preto, Brazil