SABR / SBRT | Varian Medical Systems
Language Select
Varian Logo

SABR / SBRT

定位切除放射線治療 / 体幹部定位放射線治療

定位切除放射線治療(SABR)または体幹部定位放射線治療(SBRT)は、肺、頭頸部、前立腺、肝臓および CNS 外のその他の疾患部位のがん治療に対する新たな選択肢として登場しました。 SABR / SBRT は、SRS と同様に非侵襲性の治療技法ですが、中枢神経系(CNS)外の腫瘍を扱う点が異なります。 SABR / SBRT の目的は、周辺の重要な構造や正常組織に対する線量を抑えながら、標的の病変に対する線量を高めることで、局所的な制御を向上させることです。 SABR / SBRT プログラムの要件の一部には、次のような要件が含まれている場合があります : 治療計画段階での標的病変の正確な位置特定 / 呼吸などの身体の変化による腫瘍の動きの検出 / 標的体積では線量が高く、周囲の正常組織では線量を最小限に抑えた、急峻な線量勾配によるコンフォーマル性の高い線量分布 / 画像誘導による照射中の標的位置の照合および調整

Varian の直線加速器は、サブ ミリメートルの機械的精度を持つ治療台、コリメーター、ガントリを使用して標的を治療できるように設計されており、イメージング、患者の位置決め、モーション マネージメント、治療照射を柔軟に組み合わせることができます。 TrueBeam システム、Trilogy シリーズ、Clinac シリーズの直線加速器などの汎用性のある高性能な治療機器は、さまざまなタイプの放射線治療技法に対応できます。

イベント

10 月
20
10 月
25
XIX Congresso da Sociedade Brasileiro de Radioterapia
Rio de Janeiro, Brazil