IGRT | Varian Medical Systems
Language Select
Varian Logo

IGRT(画像誘導放射線治療)

画像誘導放射線治療(IGRT)では、高解像度の 3 次元画像を使用して、腫瘍位置の正確な特定、必要に応じた患者の位置調整、治療の完了までのすべてを標準的な治療時間枠内で行うことができます。 このような機能で患者ケアの質と効率を向上させる IGRT は、IMRT や定位 IMRT の技術を一歩先へ進めたものとなっています。 IGRT は、患者の動きを考慮に入れることで、すべての治療セッションで標的が同じ位置にあるようにする技術です。 IGRT では、X 線撮影、透視撮影、コーンビーム CT モードが、自動位置調整やモーション マネージメントの可視化を行うソフトウェアと組み合わされます。 これにより、臨床医は、呼吸と完全に同期する形で治療が行われていることを検証できます。

Varian Medical Systems の IGRT は、治療中に患者の位置と腫瘍の位置を照合する高度なイメージング技術を使用しています。 腫瘍がある場所を正確に知ることで、腫瘍だけに標的を定めると同時に、照射を受ける組織体積を軽減し、周囲の正常組織への影響を抑えることができます。 治療中における腫瘍の動きの課題に対処するため、Varian は IGRT 技術に関する開発を積極的に進めました。その成果として、発展を続ける治療施設のニーズを満たし、医師が患者ケアの質を向上させるための後押しとなる、完全統合型かつカスタマイズ可能なソリューションが完成しました。 当社の治療台、Eclipse 治療計画システムや、TrueBeam、Trilogy、Clinac シリーズ直線加速器などの治療システムで構成される Varian の IGRT ソリューションは、計画作成から治療実施、そして記録管理までのすべての段階をカバーできるようになっています。

イベント

11 月
21
War on Cancer 2017
London, UK
11 月
30
GEC ESTRO
Rome, Italy
1 月
29
Arab Health 2018
Dubai, U.A.E.
2 月
02
BHPA 2018
Charleroi, Belgium