External Beam Radiation Therapy Treatment | Varian Medical Systems
Language Select
Varian Logo

外部照射治療

Varian は、定位手術的照射(SRS)、体幹部定位放射線治療(SBRT)、強度変調回転放射線治療(VMAT)、強度変調放射線治療(IMRT)、陽子線治療(IMPT)、画像誘導放射線治療(IGRT)、RapidArc などの治療技法を実現する技術を開発することで、放射線治療の進歩に貢献しています。

SRS

SRS

SRS 治療では、高い精度と正確性を備えた高品質な 3D イメージングを使用して、1 回の治療で線量集中性の高い放射線量を照射します。 この照射技法は、主に脳または中枢神経(CNS)の治療で使用されます。
SABR / SBRT
定位切除放射線治療(SABR)または体幹部定位放射線治療(SBRT)は、肺、頭頸部、前立腺、肝臓のがん治療に対する新たな選択肢として登場しました。
IMRT
IMRT は、体の 3D スキャン画像を使用して、さまざまな角度から腫瘍に放射線ビームを誘導することで、腫瘍を塗りつぶすようにピンポイントの精度で照射する技法です。
IGRT
画像誘導放射線治療(IGRT)では、高解像度の 3 次元画像を使用して、腫瘍位置の正確な特定、必要に応じた患者の位置調整、治療の完了までのすべてを標準的な治療時間枠内で行うことができます。
VMAT
強度変調回転放射線治療(VMAT)または RapidArc® テクノロジーは、360 度回転のガントリを使用したシングル アーク照射またはマルチ アーク照射によって高精度な 3D 線量分布を形成する、IMRT の進化形です。