Oncology Treatment Techniques | Varian Medical Systems
Language Select
Varian Logo

その長い歴史の中で、Varian は外部照射、小線源治療、陽子線治療という異なる特長を持つ治療技法の進化に大きく貢献し、がん治療のレベルを引き上げてきました。 今日では、Varian の治療ソリューションを使用することで、きわめて高い精度で腫瘍を可視化し、治療することが可能となっています。

外部照射
Varian は、定位手術的照射(SRS)、体幹部定位放射線治療(SBRT)、強度変調回転放射線治療(VMAT)、強度変調放射線治療(IMRT)、陽子線治療(IMPT)、画像誘導放射線治療(IGRT)、RapidArc などの治療技法を実現する技術を開発することで、放射線治療の進歩に貢献しています。
内部放射線治療(小線源治療)
内部放射線治療または小線源治療では、きわめて小さい放射線源または放射性シードを体内の治療を要する領域またはその周辺領域に直接挿入することにより、がんを治療します。 この治療法により、周囲の正常組織に与える影響を最小限に抑えながら、高い放射線量を照射できます。
粒子線治療
Varian は、陽子線を使用して腫瘍を治療する、高度な粒子/陽子線治療ソリューションを提供しています。 陽子線治療の最大の利点は、他の外部照射法と比較して、より高い精度で放射線量を局所に集中させることができるという点です。