Language Select
Radiotherapy

放射線治療

放射線治療(放射線療法とも呼ばれます)には、重要な目標が 2 つあります。1 つは、腫瘍の成長を抑制することです。もう 1 つは、腫瘍の成長を抑制しつつ、周囲の健康な正常組織への被曝を最小限に抑えることです。 放射線治療は、一般的に根治治療として単独使用されるか、手術および化学療法またはそのいずれかと併用されます。その目的は常に、患者のがんを根絶することにあります。 放射線治療では、高エネルギー放射線(通常は X 線)を使用して、乳房、前立腺、頭頸部、肺など、放射線による治療が適応するあらゆる部位のがん細胞を破壊し、腫瘍を治療します。 治療装置、イメージング技法、コンピューター、ソフトウェアなどの発達により、放射線治療は過去 20 年で大きな進歩を遂げています。その過程で、強度変調放射線治療(IMRT)、画像誘導放射線治療(IGRT)、強度変調回転放射線治療(VMAT)、体幹部定位放射線治療(SBRT)などの技術が生み出されました。

Varian のシステムがもたらす高い精度やパワーは、放射線治療を進化させ、患者の治療選択肢を広げることに貢献しています。 また、Varian の放射線治療システムは、治療選択肢を広げるだけでなく、将来の展開への道筋を増やす役割も担っています。

  • 軟部組織、骨格、マーカーの画像を高画質で取得し、患者の位置決めの精度向上に貢献する、多彩なイメージング コンポーネント(コーンビーム CT、kV、MV、透視撮影など)
  • さまざまなマルチリーフ コリメータを使用した高精度な照射
  • 高度な機能も遠隔操作で利用できるシンプルなインターフェース
  • より正確に腫瘍に狙いを定めるリアルタイム トラッキング
  • RapidArc テクノロジーを利用した迅速な治療

TrueBeam™ システム、Trilogy™ システム、Clinac® シリーズなど、Varian の放射線治療システムが世界トップクラスの治療施設で採用されてきた理由は、その優れた汎用性にあります。 がん治療が進化を続ける中、Varian Medical Systems は、世界中のがんとの闘いにおける最前線で治療施設を支援しています。

イベント

6 月
03
6 月
23
21st. Asia - Australasia Conference of Radiological Technologists (AACRT)
Hong Kong, China