Brachytherapy | Varian Medical Systems
Language Select
Varian Logo
Healthcare Solutions: Brachytherapy

小線源治療

内側からのがん治療

Varian の小線源治療は、前立腺、子宮頸部、子宮内膜、乳房、皮膚、気管支、食道、頭頸部のがん、さらには軟部肉腫やその他数種類のがんに対して有効な治療法であることが実証されています。 小線源治療は、治療が必要な領域または周辺領域に放射線源を直接挿入することにより、がんを治療する治療法です。 この治療法により、臨床医は、周囲の正常組織に及ぼす影響を最小限に抑えながら、高い放射線量を照射できます。

小線源治療法には、主に次の 2 種類の技法があります。

低線量率(LDR)は、低強度の放射線源を使用し、より長い治療時間(1 回の治療)を伴います。 LDR を使用する最も一般的な治療部位は、前立腺です。前立腺に LDR を使用する場合、前立腺の組織内に非常に小さな放射性シードを永久的に挿入します。 歴史的には、LDR は婦人科臓器や頭頸部など他の部位の治療にも使用されてきましたが、そのような部位に関しては、低活性の線源が一時的に挿入され、数日後には除去されます。

高線量率(HDR)は、アフターローダー装置の中に格納された高強度の放射線源を使用します。 アフターローダーは、腫瘍部位に配置されたカテーテル、針、または他の機器に向けて放射線源を移動させて、短時間の照射を行います。 1 回の治療としては、HDR は LDR よりもはるかに短時間の処置(HDR は数分、LDR は数日)ではあるものの、複数回の治療が必要となります。 ますます主流になってきているのは HDR で、ほとんどの身体部位に関して HDR が LDR に取って代わるものとなっています。

その他の小線源治療技法としては、パルス線量率(PDR)や、画像誘導小線源治療(IGBT)などがあります。

どのような放射線治療技法であっても、目標は同じです。その目標とは、周囲の正常組織への線量を避けることで副作用を抑えつつ、線量を標的の大きさや形状に合わせることです。 小線源治療では、標的領域から離れると線量が非常に急峻に低下するため、この目標を容易に達成できます。

放射線治療技法の中でも最も歴史が長い小線源治療は、現在では最新のコンピューター技術と放射線源技術を活用したものとなっています。 高度なイメージング技術と高度な小線源治療技法を組み合わせた画像誘導小線源治療(IGBT)を使用することで、医師は迅速かつ正確に患者を治療できます。

1994 年以来、Varian は小線源治療市場で積極的な製品展開を進めており、アフターローダーや治療計画ソフトウェアなど、幅広い小線源治療関連製品を製造・販売しています。

イベント

9 月
22
SEETRO 2017
Sofia, Bulgaria
9 月
23
Varian Users Meeting 2017
San Diego, California
9 月
24
2017 SROA 34th Annual Meeting
San Diego, California