Language Select

IHE 統合宣言書

Varian Medical Systems は、放射線腫瘍学および臨床腫瘍学分野では他社に先駆けて IHE("Integrating the Healthcare Enterprise" : 「医療連携のための情報統合化」)に参画しており、腫瘍学分野でのリーダーシップの役割を再び確立しています。 IHE は主に RSNA(Radiological Society of North America) および HIMSS(Healthcare Information Management Systems Society)によって展開されている取り組みであり、最適な患者ケアへの障壁をすべて取り除いた、真に統合されたヘルスケア環境を目指しています。

この新たな取り組みが認知度を高めているのと同時に、Varian のエンタープライズ規模システム向けソフトウェアは、真に統合的な IHE 環境の実現への不可欠な要素としての成熟度を高めています。 Varian がマルチベンダー環境に容易に完全統合できるシステムの実現に尽力していることは、IHE の取り組みへの参加に対する意欲的な姿勢が物語っています。

患者の治療体験を向上させるためには、ヘルスケア環境に散在するデータや技術を引き出せることが条件となります。 紙の記録やアナログ フィルムは、急速に過去のものとなりつつあります。 標準規格に準拠していない情報管理システムは、急速に進化を遂げているデータ技術の嵐の中で取り残されることになるでしょう。 放射線腫瘍科におけるシステム環境は、他システムから孤立した歴史を歩んできました。Varian は、この状況を打破し、総合的なヘルスケア環境を実現するための積極的な貢献者となるべく尽力しています。 この目標を達成するために、Varian の統合ソリューションは、確立された標準規格である DICOM 3.0、HL7 に加え、新たに登場した IHE の実装方式を採用しています。これにより、院内ネットワーク上のあらゆるエリアから、放射線腫瘍科と施設全体の間で重要な患者データを受け渡すことができます。

Varian Medical System は、IHE に全力で取り組んでおり、現在は、各統合プロファイルへの当社ソフトウェアの対応方法を検討中です。 Varian は、今日におけるエンタープライズ規模の医療ソリューションと共存できる統合型製品の企画から製造までのプロセスを通じて、再び道を切り開いています。

Eclipse 治療計画システム

Eclipse 13.6 IHE 統合宣言書(2015 年 6 月)
Eclipse 11.0 IHE 統合宣言書(2012 年 10 月)
Eclipse 10.0 IHE 統合宣言書(2010 年 4 月) 
Eclipse 8.5 IHE 統合宣言書(2008 年 4 月) 

ARIA OIS
 
Smart Segmentation Knowledge Based Contouring

イベント

5 月
23
Reviewing Course McGill Doctors
Sao Paulo, Brazil
5 月
26
Brachytherapy Group of JASTRO
Nara, Japan
6 月
03