Trilogy® システム - ワークフロー | Varian Medical Systems
Language Select
Varian ロゴ

Trilogy® システムワークフロー

総合的な治療システム

汎用性の高い Trilogy システムは、画像誘導放射線治療(IGRT)、強度変調放射線治療(IMRT)、体幹部定位放射線治療(SBRT)、定位手術的照射 (SRS)、原体照射治療に対応しています。 Trilogy が対応している豊富な外部照射治療技法を活用することで、周辺の正常組織への線量を最小限に抑えながら、高強度モードでのビーム照射(フラットニング フィルター フリー)や RapidArc 放射線治療を、簡単かつ効果的に実施できます。

Trilogy には、高度な技術を活用した優れたツールが数多く搭載されています。これらのツールを活用することで、動きがある腫瘍の治療や、必要に応じた標的の調整のための選択肢が広がります。 Trilogy では、モーション マネージメント機能を使用して、患者を中心とした回転中に線量を素早く照射しながら、患者の呼吸を常に監視して腫瘍の動きを補正することが可能です。 この技術により、RapidArc 使用時に腫瘍の動きに合わせてビームのオン・オフを切り替えることが可能となり、腫瘍に標的を定める精度が向上します。

Trilogy システムは、Varian の ARIA OIS および Eclipse 治療計画システムに完全統合できます。 ARIA、Eclipse と統合することで、治療システム、計画システム、情報システムが完全に連携していない場合に発生しがちなデータ転送ソフトウェアのエラーを軽減できます。 Trilogy では、イメージングや治療台の位置調整を遠隔で行うことができるため、より効果的かつ簡単に治療を実施できるようになります。

Trilogy は、操作性を考えて設計されているため使いやすいだけでなく、自動化プロセスや安全機構も数多く組み込まれています。 また、時間短縮や混乱防止につながる、無駄のない臨床環境の構築を後押しします。 遠隔制御 OBI システム、治療台補正、高度な自動化により、Trilogy は、効率と安全性を改善する論理的な業務プロセスを実現します。 部門内で治療スタッフが頻繁に交代する忙しい施設では、慣れ親しんだ操作、ユーザー インターフェース、ハンド ペンダントを利用できる環境が、トレーニング時間の削減や、治療プロセスの速やかな進行につながります。

Trilogy 医療用リニアック:医療機器承認番号 21700BZY00491000