Trilogy® システム - 有用性 | Varian Medical Systems
Language Select
Varian ロゴ

Trilogy® システム有用性

信頼性

Trilogy は、放射線治療や手術的照射を必要とする多様な患者に対応できるため、患者のケース ミックスや治療技法の幅を広げる、費用対効果に優れた手段となります。 治療コストを低減しながら治療水準を向上できるように設計された Trilogy は、高度な機能を備えた信頼性の高い装置です。 ロボティック イメージング アームを搭載していることや、定位手術的照射を含む複数の治療技法に対応していることで、Trilogy 導入施設では、実施できる治療の種類に関して制限はほとんどなくなります。 Trilogy の高線量率、遠隔制御機能、調節可能な治療台は、患者の治療時間を短縮しつつ、患者の快適度を改善できるように設計されています。 Trilogy システムは、多様な治療に対応できる汎用性を備えているため、施設の拡大に合わせて効率的に治療選択肢を拡張できます。 つまり、Trilogy システムは、発展を続ける治療施設のニーズに応じて容易にアップグレードできるということです。 汎用性に強みを持つ Trilogy には、次のような高度な機能が豊富に搭載されています。

  • 3D CRT、IMRT、IGRT、SBRT/SRS など、幅広い外部照射治療技法に対応
  • 効率的な SRS 照射を実現する、線量率の選択肢(最高 1000MU/分)
  • 低線量で高画質な画像を取得できる 2D ・ 3D KV 画像誘導
  • 全周 360° 範囲の治療照射角度(治療台の角度を固定した状態で)
  • あらゆる身体領域の治療を可能にする、患者位置決め用定位フレーム固定およびフレームレス固定
  • マージンを最小限にとどめて、タイミングを見計らってビーム照射を行う Real-time Position Management™(RPM)システム
  • 高度なモーション マネージメント機能と、サードパーティー用オープン インタフェースを備えた Gated RapidArc
  • IMRT 治療照射を検証するポータル線量測定
  • 緻密なビーム形成を実現する、高精細なダイナミック MLC

上記の機能は、Trilogy システムががん治療の水準を引き上げることに貢献している理由の一部です。 品質とカスタマイズ性を組み合わせた Trilogy は、患者一人一人の固有ニーズを満たすことができ、将来の治療の進歩にも手が届く環境を実現します。

Trilogy 医療用リニアック:医療機器承認番号 21700BZY00491000