Respiratory Gating | Varian Medical Systems
Language Select
Varian ロゴ

Real-time Position Management™(RPM) 呼吸同期

Varian の Real-time Position Management™(RPM)システムは、肺、乳房、上腹部の治療や鮮明なイメージングを実現する、非侵襲的な映像ベースのシステムです。 RPM システムは、精度、速度、使いやすさに優れているほか、 息止め法と自由呼吸法の両方に対応しているため、患者に快適な治療を提供できます。

RPM システムを使用することで、患者の呼吸サイクルに合わせて腫瘍位置を補正できます。 システムはまず、赤外線カメラと反射マーカーを使用して患者の呼吸パターンと動きの範囲を測定し、それを波形として表示します。 次に、腫瘍が呼吸サイクルの最適な部分にくるタイミングに合わせて、ゲーティングのしきい値が決定します。 これにより、ゲーティング システムがしきい値に基づいて治療ビームのオン・オフを切り替えることが可能となります。

RPM システムを使用することで、肺、肝臓、膵臓の治療がしやすくなるほか、乳房の治療における心臓への線量を最小限に抑える手助けにもなります。 また、治療計画用に使用する画像を鮮明に取得できるため、呼吸の動きに関連する画像アーチファクトが減少し、標的をより明確に可視化できます。

主な機能:

  • CT および PET-CT とのインターフェース
  • 患者の不快感を軽減する軽量マーカー
  • 専用に開発された予測フィルターが、患者の呼吸パターンを監視・予測し、患者の咳込みや、予測された呼吸パターンからの差異を検出
  • On-Board Imager(OBI)で取得した呼吸同期の検証画像を、治療コース中に Eclipse 上ですぐに確認 (線量分布の再計算が必要な場合あり)
  • OBI 透視撮影モードによる治療前検証の実施
  • 呼吸サイクルの適切な位相で OBI を使用する、呼吸同期 X 線画像取得
  • 呼吸サイクルの適切な位相でメガボルト画像を取得する、呼吸同期ポートフィルム画像取得
  • 画像の取得からゲーティング治療までの自動化プロセス
  • 治療後の分析用にゲーティング記録と画像ウィンドウを保存
  • 治療ビームのゲーティングとダイナミック MLC リーフ運動の連動

リアルタイム ポジショニング マネジメント システム(RPMシステム):医療機器承認番号 21700BZY00216000