Gated RapidArc® (VMAT) | Varian Medical Systems
Language Select
Varian ロゴ

Gated RapidArc®

Gated RapidArc を使用した放射線治療では、患者を中心とした回転中に線量をすばやく照射しながら、患者の呼吸を監視して、腫瘍の動きを補正します。 この技術により、RapidArc 使用時にビームの「ゲーティング」を行い、腫瘍の動きに合わせてビームのオン・オフを切り替えることが可能となり、肺腫瘍に標的を定める精度が向上します。 Gated RapidArc では、動きを伴う肺腫瘍を含むさまざまのタイプの腫瘍に対して、標的を狙い定めた治療を実施できます。

Gated RapidArc では、RPM システムを利用して RapidArc 治療中の腫瘍の動きを監視し、その動きに合わせた調整を行います。 腫瘍の動きの監視に関しては、オープン インターフェイスを使用することで、サード パーティのデバイスを Varian の加速器に接続することもできます。 このインターフェースは、Varian システムが持つオープンなアーキテクチャ設計の一環であり、サード パーティのデバイスであってもリアルタイムに腫瘍の動きを監視することが可能となっています。 このような、標的を狙い定める放射線治療を使用したがん治療に対応するため、Varian の加速器プラットフォームの多くには、Gated RapidArc を含む高度なモーション マネージメント機能が追加されています。 臨床医は、洗練されたツール群を使用することで、治療中に腫瘍の動きを監視し、その動きに合わせた調整ができるほか、RapidArc 治療中に呼吸ゲーティングを利用することができます。