Oncology Trends | Varian Medical Systems
Language Select
Varian Logo

オンコロジーの動向

Varian は、医療制度改革やオンコロジー業界の動向によって、治療施設が戦略の再考を迫られていることを認識しています。 多くの病院が、臨床・財務のパフォーマンス向上、医師のエンゲージメント向上、市場での明確なブランド形成、競争力の獲得を見込めるがん医療サービスの仕組みを構築しようとしています。 がん治療における将来の成功は、治療施設が迅速かつ包括的ながん治療を患者全員に提供できるかどうかにかかっています。

この 10 年で、がん患者を治療するための放射線治療技術の飛躍は著しいものとなっています。 今では、周囲の正常組織に影響を及ぼす可能性を抑えつつ、サブミリメートルの精度で放射線を照射することが可能となっています。 また、治療 1 回あたりの線量を増加させて、寡分割照射を行う、または治療回数を減らすケースが増加傾向にあります。

Varian の数々のオンコロジー製品は、すべての治療施設に対して、このような変化に対応するために必要な技術を提供し、「がんの脅威に負けない世界」を実現するという目標の達成を後押しするものとなっています。 当社が持つ高い技術は、診断・治療からサバイバーシップに至るまで使用されています。 その技術には、電子カルテや医療情報交換に関するものも含まれており、臨床現場の情報の流れを促すことで、医療機関における意思決定の改善にも貢献しています。 患者が治療を進める中で、医療機関は、治療コース全体を通して情報を適切に把握できるよう情報を共有したり、サービスの無駄な重複を防止したり、専門分野や診療場所をまたいでがん診療ガイドラインを遵守したりする必要があります。

がん症例数が世界的に増加するにつれて、放射線治療を受ける新たな患者の数も増加しています。 コンピューター技術の進歩と相まって、オンコロジー技術の発展は、放射線治療のプロセスや、腫瘍への線量集中性に大きな変化をもたらしました。 このような治療技術は、放射線腫瘍医と病院運営者の間でより一般的になりつつあります。そうした中で、Varian は、世界中の治療施設が統合性、技術、先見性を高める後押しをすることで、がんとの闘いをうまく進めるためのあらゆるステップに貢献しています。

イベント

10 月
20
10 月
25
XIX Congresso da Sociedade Brasileiro de Radioterapia
Rio de Janeiro, Brazil