Language Select
Varian ロゴ
Andrew Whitman
政府関連業務責任者 (Senior Vice President, Government Affairs)

Andrew Whitman は、2008 年に政府関連業務担当バイス プレジデントとして Varian に入社し、2016 年に同担当シニア バイス プレジデントに就任しました。Whitman は、世界の全地域における Varian の政府関連業務責任者を務めています。具体的には、放射線治療、陽子線治療や、その他のオンコロジー ソリューションをより多くの患者さまに届けることを目標に、Varian が各国政府のパートナーとしてふさわしいことを訴求する責務を担っています。

Varian への入社以前は、Whitman は全米電機工業会の 1 部門である Medical Imaging & Technology Alliance のバイス プレジデントを務めていました。また、以前にはワシントン D.C. にある政府関連業務のコンサルティング企業である Carmen Group, Inc. に勤務しており、米国連邦議会および米国保健福祉省に対し、医療業界の代表者として医療機関業務に関する上級参与を務めていました。

Carmen Group への入社以前は、米国精神医学会の法規担当副局長および特別顧問を務め、連邦規約および医療政策の案件を指揮・管理していました。また、議会の政府関係高官、メディケア・メディケイド サービス センター、食品医薬品局(FDA)との交渉も担当していました。さらに、以前には、監督官庁の弁護士事務所で米国保健福祉省の上級顧問を務め、Integrated Health Services の上級法人顧問も務めていました。

また、Whitman は、Reed Smith、LLP、Grove、Jaskiewicz、Cobert といった法律事務所で医療関連法に関わる業務にも携わってきました。学歴としては、アメリカン大学で法学博士号を、ハミルトン カレッジで文学士号を取得しています。