Varian は、主要サプライヤーと共通の考え方を形成して回復力と柔軟性を構築することにより、また社会や環境の改善に対する障壁を取り除くための支援を提供することにより、サプライチェーンの持続可能性を強化することに力を入れています。 当社は、現地レベルでのパートナーシップアプローチに取り組むことで、サプライヤーとベストプラクティスを共有するように努めています。

サプライチェーンとの協力

Varian のダイレクトサプライチェーンは、最大 1,000 社の材料サプライヤー(主に米国、欧州、アジアの部品メーカー)および サービスプロバイダーによって構成されています。 主要サプライヤーは、当社業務にとっての重要性や支出レベルなどの基準で分類しています。

サプライヤーとの効果的な係わりは、リスク軽減、規制遵守、入札要件、顧客や投資家コミュニティからの関心を高めるために重要です。 サステナビリティパフォーマンスの向上に取り組むことで、効率と回復力の向上およびコラボレーションの強化による相互利益の実現も可能になります。

製品輸送における効率改善

当社は、顧客施設に製品を届けるために使用する輸送モードの最適化とより正確な予測を通じて、コスト効率を高め、二酸化炭素排出量を削減し続けています。 その結果、12 か月間で約 75 件の機械輸送を空輸から海上輸送に転換し、それらの輸送による二酸化炭素排出量を約 90% 削減することができました。

CDP への取り組み

CDP のサプライチェーンプログラムのメンバーとして、Varian は 2011 年以来、この国際的に認められた報告プラットフォームを通じて気候変動情報を開示してきました。 それと並行して、スコープ 1 および 2 の活動における強度ベースの目標を確立し、現在、気候科学に基づく絶対 GHG 目標を評価しています。

この行程の一環として、当社は、サプライチェーンの二酸化炭素排出量を確認し、戦略的サプライヤーと協力して環境リスクと気候への影響の問題を管理するための重要なツールとして CDP を選択しました。 環境リスク管理に取り組むサプライヤーが増えるようにプログラムを 50% 拡大した結果、リスク管理に取り組むサプライヤーが 105 社に達し、その中には初めて間接的なサービスプロバイダーも含まれています。

当社は、戦略的供給拠点の中で環境リスク調査を展開し続けており、プログラムの 2 年目には、積極的なサプライヤーによる取り組みレベルをさらに引き上げました。 2 年目には、56 社のサプライヤーが調査に回答しましたが、前年の 35 社から 60% も増えたことになります。

当社では、コンプライアンス、および自然災害、経営力、財務状態、地政学的条件、職場の健康・安全、法的問題などに関連するリスクを含むさまざまなリスクを動的に監視するためのツールを調査しています。

今後の展望

当社の長期的な戦略イニシアチブには、以下が含まれます。

  • サステナビリティパフォーマンスを監視および改善するためのツールとして、ベンダー スコアカードにスコアリングを埋め込みます。
  • 主要パートナーと協力して、サステナビリティのために設計された将来の製品ソリューションを提供します。
  • ソーシング決定基準にサステナビリティパフォーマンスを組み込みます。

Varian における環境管理

当社の戦略とパフォーマンス。

詳細情報

Varian におけるサステナビリティ

サステナビリティは当社が行うすべてのことの中心にあります。

詳細情報