今日では、機密性を要する膨大な量の患者情報とデータが最新の医療機関ネットワーク内に保管されています。 残念ながら、このセクターに対するランサムウェア攻撃の大幅な増加は、ハッカーがこれまで以上に大きな脅威になっていることを示すもう一つの兆候です。 Varian とお客様の双方にとって、サイバーセキュリティは最優先事項です。 当社には、システムを安全に保つ堅牢な、エンドツーエンドの防御を維持する共通の責任があります。

データ保護とセキュリティのための当社のアプローチ

当社の製品とサービスは、その質と患者さまの安全に焦点を当てて開発されています。 ベンダーや医療機関と協力して真のデータセキュリティを推進し、認証されたユーザーにだけアクセス権を限定することで、当社の製品を安全で堅牢な状態に保てるように取り組んでいます。 当社はこの問題に対して極めて真剣に向き合っており、データセキュリティ侵害の危険性を最小限に抑えて患者さまを護るために、医療業界およびテクノロジー業界の他の企業とのパートナーシップを築いています。

Varian は、堅牢なサイバーセキュリティ プログラムに継続的に投資しています。 当社の情報セキュリティオフィスには、幅広いサイバーセキュリティのバックグラウンドを持つ社員が配置されており、製品エンジニアリング部門および IT 部門と連携して、企画・設計から運用、そして最終的には生産・販売の終了に至るシステム開発ライフサイクルにセキュリティを組み込んでいます。 これらのチームは、サイバーセキュリティの専門家や顧客サイトの IT 関係者と協力して、リスクの特定とセキュリティ強化策の策定を行っています。

患者情報の保護

データ分析とクラウドベースのモバイルソリューションは、人中心のがん医療の可能性を大きく広げ、医師と患者さまの両者に有用なツールを提供します。 たとえば、Varian の Noona アプリを使用すると、がん患者さまは積極的に治療チームと関わり、治療結果を報告することができます。がん治療医は患者から送られてきたデータを分析し、それを利用して研究と治療のプロトコルをリアルタイムで変更することができます。 Noona は国際的に認められたセキュリティ認証 ISO 27001 に認定されており、これは、当社が治療における情報保全を重視していることを示しています。

社員の個人データ

患者情報に限らず、Varian は社員の個人情報のセキュリティとプライバシーの保護にも力を入れています。 当社のプロセスは、法律上またはビジネス上の正当な理由がある場合に限り個人情報を収集・利用できるように設計されています。

当社のコンピューター緊急対応チーム (CERT) は、外部の関係者が製品セキュリティの潜在的な脆弱性を報告するための窓口です。

詳細については、製品セキュリティのページを参照してください。

倫理、ガバナンス、コンプライアンス

倫理的に、責任を持ち、そして敬意を持って行動します。

詳細情報

Varian におけるサステナビリティ

サステナビリティは当社が行うすべてのことの中心にあります。

詳細情報