Language Select
Varian Logo
Varian Employees

「Partner for Life」 : Varian は、あなたのパートナー

Varian は、カリフォルニア州パロ アルトに本社を構えており、世界中に拠点を有しています。 年間の売上高が 30 億ドルに近づいている現在、Varian では、6,000 人以上の社員が、放射線治療、手術的照射、陽子線治療、小線源治療のテクノロジーの進歩を通じて患者さまの命を救うことを目指し、チームや国境を越えて協力しながら仕事をしています。

CEO からのメッセージ

このビデオでは、あなたの力が当社の重要な事業に与える影響について、当社の CEO である Dow Wilson が自ら語っています。


社員からのメッセージ

このビデオでは、実際に Varian で働く社員からのメッセージをお聞きいただけます。


Varian のカルチャーと基本理念

65 年以上にわたって、 Varian は、テクノロジーやシステムの研究、開発、製造を通じて、患者さまの命を救うことに貢献してきました。 当社は、その貢献が生み出す価値は扉の向こうへ大きく広がっていくものと信じ、そのために、あらゆる貢献とアイディアを組み込んだ、インスピレーションと思いやりに満ちた環境を構築してきました。

熱意を持った仲間と共に、信念を持って新しい発想を形にしていくことが、世の中に大きな影響を与える先進的なテクノロジーやソリューションの誕生につながるということを、当社は理解しています。

「Focus Energy on Saving Lives(患者さまの命を救うために力を尽くす)」という当社のミッションは、たった 1 つの目標を念頭に、真摯に熱意を持って働く社員の姿を表しています。そのゴールとは:

  • 「より速く、より使いやすく、より高精度ながん治療」


当社のミッションと目標は、当社の行動すべての基盤となっている基本理念に支えられています。
当社の基本理念
  • Customers First (お客様第一)
  • Partner for Life(命を守るパートナー)
  • Inspired Innovation (創造的なイノベーション)
  • Doing Well by Doing the Right Thing(正しい行いによる業務推進)
Customers First (お客様第一)
当社は、何よりもまずお客様のことを第一に考えています。 世界中の患者さまの命を救うためにお客様が必要としているソリューション、製品、サービス、性能が、当社の技術とイノベーションにかかっています。
Partner for Life(命を守るパートナー)
当社は、患者さまの命を救うために互いに協力し合い、お客様とともに、先進的なテクノロジーとシステムをお届けするというミッションのもとに団結しています。 当社のソリューションを、より高い効果で、より手頃な価格で、地域差なく利用できるものにしていくことで、できる限り多くの患者さまに平等な治療をお届けし、生活の質の向上に貢献することが、当社の願いです。
Inspired Innovation (創造的なイノベーション)
創造性とイノベーションを通じて、当社は素晴らしいアイディアを形に変えます。 当社は、より優れた新しい方法を見つけることにより、技術のイノベーションを目指しています。 イノベーションが、当社の成功の原動力です。
Doing Well by Doing the Right Thing(正しい行いによる業務推進)
正直であること、誠実であること、プロ意識を持つことが、当社の事業の成長を促しています。 当社の社員一人一人が倫理、品質、安全性の最高水準を満たすことに責任を負っています。 当社の行動の基本は、思いやりです。その行動には、お客様、同僚、コミュニティとの関係を大切にするという当社の基本理念と誇りが反映されています。

健康維持への取り組み

Varian は、社員が将来に向けて計画的に貯蓄し、自らの健康を維持しながら働けるように、包括的な福利厚生プログラムを提供しています。

パロ アルト本社など一部の大型拠点では、専門家が運営するフィットネス センターを敷地内に設けています。  患者さまの命を救うというミッションのもと、複雑な問題に立ち向かい、ソリューションを生み出している社員には、エネルギー、情熱、体力が必要であると当社は考えています。

社会還元の文化

Varian では、当社が事業展開している地域のコミュニティをサポートし、コミュニティの発展に貢献することに強い使命感を抱いており、社員には近隣地域の活動に積極的に参加するよう促しています。 当社では、社員が日々の生活と仕事を営む地域社会において、活力に満ちた存在として重要な役割を担い続けてほしいと願っています。

"Partners in Giving" プログラム

Varian の "Partners in Giving(社会還元パートナー)" プログラムは、Varian が提供するマッチング寄付制度を利用して、関心のあるチャリティーや教育機関をサポートする機会を米国の当社社員に与えるものです。 このプログラムでは、社員からの寄付金額の同額が、合計 5,000 ドルまで Varian から上乗せされます。 また、社員は、同僚の社員とチームを組んでさまざまな非営利団体でボランティア活動を行う "Day of Caring(思いやりデー)" に参加することで、時間という形で寄付する方法を選ぶこともできます。 Varian は、同様の社会還元プログラムを世界中の他の地域やオフィスでも展開しています。

コミュニティへの還元

Varian の社員は、年間を通してさまざまな方法でコミュニティへの還元活動を行っています。 Varian は、アメリカがん協会が毎年主催している乳がん撲滅ウォーキング イベント "Making Strides Against Breast Cancer” のスポンサーを務めています。このイベントには社員たちがこぞって参加し、募金や支援の表明に協力しています。 その他にも、毎年世界中の地域オフィスが食料寄付運動、玩具寄付運動、献血運動などを通じてコミュニティをサポートし、命を救う手助けをしています。

研究・慈善活動へのスポンサー支援

Varian は多くの主要な医療・がん治療研究活動のスポンサーを務めており、地域レベルではさまざまな慈善活動や患者ケアの取り組みをサポートしています。 当社の研究助成金は、考えられる最良の製品の開発と提供の促進を通じてがん治療を改善し、医師による患者の治療を手助けすることを目的としています。

グローバルな支援展開

近年、Varian は開発途上市場におけるニーズや諸般の条件を満たす製品の開発と製造に投資しています。 これらの製品は、手頃な価格で高度な治療への敷居を下げ、世界中のより多くの人々に先進医療へのアクセスを提供することを目的に設計されています。

また、当社では、中国とインドに拠点となる製造設備と研修施設を構築し、これらの急成長市場に仕事と専門技術をもたらしています。 さらに、Varian は、新興国に高度な治療システムを普及させることを目的に、IAEA(国際原子力機関)や UICC(国際対がん連合)などの国際機関と密接に連携しています。

ダイバーシティ

ダイバーシティ&インクルージョン(多様性と包括性)は、当社のイノベーション、生産性、創造性の文化に不可欠な要素であり、当社の競争力維持に貢献しています。 Varian は、個人レベルで社員の多様性の推進と活用に積極的に取り組んでいます。 当社は、敬意と尊厳の意をもって全社員に接しており、グローバルな社員の多様性がもたらす個人差を尊重しています。

アクセシビリティ/合理的配慮

身体障害が原因で Varian.com/careers を利用したりアクセスしたりする能力が限定されている方は、合理的配慮を図るよう要請する権利があります。 合理的配慮の要請は、 1-650-424-6076 にて電話で受け付けています。

雇用機会均等と差別是正措置

Varian は、機会均等な職場であり、差別是正措置を実施している雇用主であることに誇りを持っています。

Varian は、人種、肌の色、宗教、性別、ジェンダー、配偶者の有無、年齢、障害、兵役経験、性的指向、出身国、または該当する法律によって保護されているその他の分類基準に関係なく、スキルと経験に基づいて個々の社員および求職者を処遇する形で人事方針を管理し、雇用慣行を実施しています。 すべての社員は、Varian の文化の趣旨に沿って、尊厳と敬意の念が反映された形で互いに接することが求められています。