Japan
APAC
Japan | Japanese
Virtual
-
“デルタ”コースは経験豊富なTrueBeamユーザーのギャップを埋めるために設計されており、特にアップグレードされたシステムを使用する予定の医学物理士の方に適しています。本コースの目的は治療オプションに関する知識を深め、TrueBeamプラットフォームでサポートされている最新の機能や、Advanced reconstructionオプションを含む高度なイメージングモダリティをより深く理解していただくことです。例えば、画像誘導SBRTやオートビームホールド、トリガーイメージング、オンデマンドイメージング、呼吸ゲーティング、Advanced reconstructionオプションといった複雑な照射技術など、チームが実施を計画している様々な臨床のオペレーションをご説明いたします。また、本コースではMachine Performance Checkなどの機能についても詳しくご説明いたします。